敏感肌のためのスキンケア
「ジーブルーム」

さっぱりなのにシットリ、肌のターンオーバーを助ける保湿ケア。

ジーブルーム東京フリーダイヤル

“泡立ちなし”のこだわり

“泡立ちなし”のこだわり

汚れはしっかり落とす!の概念をくつがえし、お肌のお手入れは“落とすことから始まる”に着目しました。洗顔時に泡をたたせないことで、肌に必要なものは残し、汚れだけを落としていく。それができるだけで、弱ったお肌は元気になります。                                             

洗顔

界面活性剤って肌に悪いの?

界面活性剤には、水と油のように混ざりにくいもの同士を馴染ませる働きがあります。
この働きで、お肌の表面のメイクや皮脂を洗い流したり、美容成分をお肌に浸透させることができるわけです。

「界面活性剤ってお肌によくないのに化粧品に使われてるの?」
と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

化粧品によく使われる界面活性剤は、乳化剤としての働きを利用するものと、洗浄剤としての働きを利用するものがあります。
乳化剤は、乳液やクリームが分離しないように安定させる効果があります。

界面活性剤が何から何まで悪いわけではありません。
問題になるのは、強い洗浄成分をもつ界面活性剤なのです。

強い洗浄成分をもつ界面活性剤は、お肌の皮脂バリアや角質層を壊してしまいます。
そうなると、そもそもターンオーバーが乱れてバリア機能が弱まった肌には、洗顔がさらなるダメージに繋がってしまいます。
洗浄力のやさしい洗顔料を選びたいですね。

やさしい洗浄成分って?

洗浄成分・界面活性剤にはいろいろな種類があります。
植物由来のものも石油から作られたものもありますが、要は「強すぎない」ことが大切です。ジーブルームの洗顔フォームに使われている界面活性剤は「パーム脂肪酸グルタミン酸Na」。
パーム油から得られた脂肪酸にアミノ酸の一種であるグルタミンを結合させて作られた、刺激の少ない洗浄成分です。ジーブルームの「気泡剤(起泡剤)を含まない」洗顔フォームは、強い界面活性剤を使っていない証でもあるのです。また、ジーブルームはシリーズを通して無香料。
清潔なお肌を保つこと、肌の回復力を助けることに必要な成分だけで作られています。
バリアの弱まったお肌をいたわり、ひたすら肌本来のもつ回復力を助ける、それがジーブルームのコンセプトです。
洗顔フォームイメージ